ウェディングロケーション撮影日記

カメラマン蘭丸の撮影コラム、ウェディングロケーション撮影での出来事や思ったことなどを書いていきます。

アートなウェディングロケーション撮影1

富士山と星空2017060701

深夜午前2時ごろになると、街の灯りも減少し空一面に星空が広がる富士山五合目。
特別なカメラとレンズで感動の写真を撮影する。
15年以上も改良を重ね、星空鑑賞、撮影を趣味としているカップルからも撮影の依頼もおおいい
ただ単に星空を撮影するのであれば、いつでもどこで撮影できますが、こだわりの一枚を撮るためにはやはり特別な知識が必要なのはいうまでもない。

富士山と星空2017060702

夜の星空撮影といっても日々撮影できる写真のイメージは変わります。
月のある夜とない夜、月の形と時間などでかなり写真は。変わります。特に月の出る時間、方向などは日々大きく変わるため、事前に撮影ポイントと時間を決めて撮影しないと、運まかせとなります。
こうして、お二人と仕上がりのイメージから話し、撮影する日を決めていきます。遠くはカナダ、香港、ノルウェー、国内でも全国から星空ウェディングロケーション撮影にきていただいております。

撮影するとき、ただ撮影するだけでなく、感動もしていただき、生涯の思い出になればと心掛けて撮影するようにしています。ふたん夜空を見上げることなんか、ないですよね(^ ^) 星空の話をしたり、色々な話をするのも楽しみの一つ(^ ^)

富士山と朝日2017060703

やがて夜の撮影が終わると、朝日の撮影が始まります。朝日の撮影の詳細は次回またお話しします。(^ ^)








 ウェディング

0 Comments

Leave a comment